新潟市で学習塾や保険代理店を営む㈲アイ・プランニングの社長ブログです。

日々の業務内容からプライベートな出来事まで幅広くご紹介します。

entry_bg
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
a_pagetop.gif
entry_bg
自己中(じこちゅう)な人たち
社長の飯塚です。

 世の中には「モンスター」などと呼ばれる困った人たちが多く存在しますが、どうやらこれも現代病の一種のようですね。

 元々の性格か病気かは判定がなかなか難しいですが・・・。



 例えば、こんな人いますよね?

 (以下は、ネットで検索した文章のコピペです。)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
●ご都合主義的な白昼夢にふける。
●自分のことにしか関心がない。
●高慢で横柄な態度をとる。
●自分は特別な人間であると思っている。
●自分は特別な人間にしか理解されないと思っている。
●冷淡で、他人を利用しようとする。
●批判に対して過剰に反応する。
●虚栄心から、嘘をつきやすい。
●有名人の追っかけ。
●宗教の熱烈な信者。
 
 なんでも自分の思い通りになるという空想にふけったりします。
 内容的には、自分の万能感を満たすようなものになります。すべて自分にとって都合のいいように事が運んで、最後には自分が絶大な称賛を浴びるといったようなものです。自分だけが特別に評価されて大抜擢され、とんとん拍子に出世するとか、もっと空想性が進んで行くと、超能力的な力で現実を思い通りに動かすなど妄想の世界に入ってきます。

 聞かれもしないのに、やたらと自分のことをしゃべりたがる人がいます。話が他へ移ろうとすると、強引に自分の話に戻そうとします。話の内容は自慢話的なものばかりで、聞いている方はうんざりしてきます。他人にはあまり関心がないので、相手がうんざりしていようとお構いなしです。

 自分は特別な人間だ、一般人とは違うんだという意識から、小市民的な生き方を軽蔑し、そういう人達と一緒にされることを嫌います。裏付けとなるものが何もないのに、一目置かれる存在であることに非常にこだわります。

 他人に対する共感に乏しく、他人を自分の目的達成のために平気で利用します。他人の業績を横取りして自分のものにしたりもします。優越感に浸るためにも他人を利用します。他人の存在とは、素晴らしい自分を映し出す鏡である程度にしか思っていません。ですから、他人から批判されたりすると、すぐにカッとなって怒りだします。あくまでも自分は優れた存在なのです。

 もともと、裏付けのない優越感ですので、話のつじつまを合わせるために嘘をつくこともありますが、本人には嘘をついているという意識はあまりありません。ときにはホラ話のように、話がどんどん大きくなっていって、どこまで本当なのか分からなくなります。

 有名人に近付くことで自分を特別な存在だと思い込んだりします。政治的な大物に近付いて自分の誇大感を膨らませることもあります。自分も同じ世界の人間になったように錯覚して、裏付けのない空想的な野心にのめり込んだりすることもあります。

 誇大感を持つ人には二つのタイプがあります。自分は素晴らしいと言うタイプと、あなたは素晴らしいというタイプです。あなたは素晴らしいというタイプの人は、その素晴らしい人に奉仕している私も素晴らしい特別な存在だと言うふうになります。偉大な独裁者を崇拝する献身的な国民、偉大な神に身を捧げる熱狂的な信者、ワンマン経営者に心酔して滅私奉公する素晴らしい幹部社員、有名な歌手の応援をする熱狂的なファンなどです。

 すべてに言えることは、”ありのままの自分が愛せない”のです。

 自分は優越的な存在でなければならず、素晴らしい特別な存在であり、偉大な輝きに満ちた存在でなければならないのです。愛すべき自分とは、とにかく輝いていなければならないのです。しかし、これはありのままの自分ではないので、現実的な裏付けを欠くことになります。

 しかし、本人にしてみれば、高慢だと言われてもピンと来ないかもしれません。それよりは、他人や周囲の出来事を過小評価していると言った方が理解されやすいかもしれません。自分より優れたものを認めたがらず馬鹿にしているので、他人の能力や才能が見えず、他人の優秀さを無視します。そして、他人を見下したり軽蔑したりすることに快感を覚えたりします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




 実はこれ、ちゃんと病名もある精神病です。

 自分を愛するという行為は、健全な心の発達のためには必要なものですが、それが病的に肥大化して自分に対する誇大感を持つようになると、それは「自己愛性人格障害」と呼ばれるものになります。健全な人のように、ありのままの自分を愛することができないのです。

 
 これを病気とわからず、正常な人間と思って付き合うと酷い目に遭います。

 


 幼少期からの生活環境や教育の重要性を感じます。

 心の病にかからない、心身ともに健全な人間の育成!! 現代の重要な課題だと思います。

 
【2009/07/01 22:36】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
a_pagetop.gif
<<収穫しました! | ホーム | 新潟県立大学>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://iplanning.blog85.fc2.com/tb.php/61-27913b4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

アイ・プランニング
Author:アイ・プランニング

アイ・プランニングのブログです。日々の業務内容や出来事をご紹介いたします。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

    月別アーカイブ

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索


    RSSフィード

    リンク

    このブログをリンクに追加する



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。